私が一番影響を受けた漫画

私が一番ハマった漫画は1990年から1996年まで「週刊少年ジャンプ」で連載された「スラムダンク」です。
初めてその作品を知ったのは、アニメ化された1993年で私が5歳の時でした。その当時は毎週見てはいましたが、5歳だったのであまり意味がよく分かっていなかったので、ハマることはありませんでした。
それから10年以上が経った2004年にDVDが発売され、レンタルして見てみました。すると「何でもっと早く夢中にならなかったのか」と後悔し、すぐに漫画を全巻集めました。
主人公の桜木花道が高校入学時にバスケ部に入部し全国制覇を目指していくというストーリーです。主人公は最初は好きな女の子目当てで入部しますが、だんだんとバスケットボールという競技の面白さに目覚めていきます。主人公だけでなく個性豊かなチームメイトやライバルチームもとても魅力的です。その脇役達に焦点を当てたエピソードも満載です。連載期間は6年でしたが、物語の中では4か月ほどしか経過していないのは驚きです。
名言もたくさんあります。中でも代表的なのは安西先生の「あきらめたらそこで試合終了ですよ」です。このセリフはスポーツに限らず人生のどんな状況でも言える言葉だと思いますし、何かを諦めそうになったときにこの言葉を思い出します。
この作品のすごい所は連載終了から20年が経過した現在でも世代を問わず知られている点です。いつか自分が子供ができたときに読ませたい作品ですし、どんどん語り継がれてほしいです。わたしのきまりの口コミについて

学生の頃出会ったマンガの話

学生の頃、AngelBeats!というマンガに出会い大きく人生が変わりました。

このマンガは死後の世界で自分の死を納得できず、青春時代にやり残したことがある少年少女が自分の生前の人生と向き合い、受け入れていき、そして納得して成仏していくという内容のものです。

自分は学生の頃、自身の死や生についてあまり考えた事がなくて、
いつか来るもの。
遠い未来に起こる出来事だろう。
という考えでしたが、このマンガに出会い、考え方が変わりました。

生きていく上で人は常に死と隣合わせであり、寿命であれ、事故や事件に巻き込まれる事であれ、いつかは死んでいくという事。
また、生きているうちの限られた時間の中で何をして、どう生きて行くか、どう行動していくかを考えるきっかけになりました。

このマンガのように死後の世界に行き、人生でやり残したことをやっていく事はできない。
だから、今生きているうちにやりたい事、やってみたい事、自分の夢を気持ちに納得できるまでやって行きたいな、突き詰めていきたいなと思わせてくれたマンガでした。

それに、自分だけではなく周りにいる友人や家族にも死というものは付きまとっているもの。

自分の近くにいることを当たり前と思うのではなく、有り難いものだということをきちんと考えて生きて行くきっかけになりました。女性ホルモンを増やす方法とおすすめサプリメント比較

小学生の時は難しかったけど、だんだんと理解できるようになった漫画

私が影響を受けた漫画は、一条ゆかり先生の「有閑倶楽部」です。内容はお金持ちの高校生六人が、警察や犯罪軍団相手に頭脳とアクションで闘う、学園コメディです。六人は全員裕福で地位のある家庭の子供ですが、特に憧れたのは、白鹿野梨子さんです。日本画家と家元の娘で、才色兼備、お嬢様言葉、でも言いたいことははっきりと物申す女性です。小学四年生の頃にはじめて「りぼん」を買い、この漫画を知りました。ただ、内容が難しかったので、年々理解するようになった稀有な漫画です。今でも大事に全巻保管しています。一条ゆかり先生は、時事ネタなどもうまく取り込んでいたので、今でも読み返すと社会勉強になります。そしてなんといっても絵が天才的に美しいのです。女性の美しさ、景色、建物の細部にわたる描写は本当に素晴らしいです。この漫画をみて、幼いながらも美しい女性になりたい!おしゃれをしたい!と強く思ったものです。時々、漫画の内容にホラーも盛り込まれており、リアルで背筋が凍ります。美男美女だけではなく、いわゆる醜い絵も魂を込めて描かれているので、漫画というより、美術の本をみているような感覚でした。会話の内容も非常に濃く、辞書でいろいろと調べて語彙が増えました。今読み返しても手ごたえのある漫画で、そんな漫画に10歳で出会えたことに感謝しています。婚活サイトのおすすめは?